塩化ビニル管・継手協会

設計に関するQ&A(共用FA方式)

Q1:
ボディ管に収容できるさや管の条数は?
A1:
施工性等を考慮して収容条数が設定されています。
ボディ管φ200・φ250に対し標準配列があり、φ30とφ50の2サイズのさや管が最大収容となる組合せで、この組合せとなるロータス管があります。
ケーブルの径、条数に従い、収容可能な組合せのロータス管を選択しますが、余分なさや管は敷設する必要はありません。

ボディ管口径 さや管口径と条数
φ50 φ30
φ200 3 9
4 7
5 5
6 2
φ250 5 15
6 10
7 8
8 6
9 2
(C)塩化ビニル管・継手協会